避妊薬は飲み始めて何日目で効く?

避妊薬は28日周期で服用するように作られています。そのうちの21日分に女性ホルモンが配合されていて、服用することで卵巣から卵子が排卵されることを抑制して、妊娠しないようにしています。避妊薬を飲み始めるのには2つのパターンがあり、避妊効果は避妊薬を飲み始めた日の状態によって変わってきます。
1つ目は生理の1日目から避妊薬の服用を始めた場合です。この場合には、服用し始めた初日から避妊効果があります。これは、次の排卵が行われるのが通常生理が始まった日から数えて14日目のため、精子が子宮に入ったとしても排卵までの間生き延びることができないのです。そのため、生理初日に性交渉を行っても排卵までの日数が長いため、妊娠の可能性がないことが理由になっています。では、生理の初日からずれてしまった場合にはどうなのでしょうか。この場合には、避妊薬を服用し始めてから1週間程度は他の避妊具を併用することが推奨されています。実験により、避妊薬を服用し始めてからその影響によって避妊効果が出るまでに1週間かかるという結果が出ています。また、生理の初日からずれてしまった場合、子宮内に入った精子が排卵のタイミングまで生き残ってしまうことがあるため、妊娠してしまう可能性が少なからずあるため避妊具の使用が推奨されているのです。
また、2シート目の避妊薬を服用するまでに7日間の休薬期間がありますが、この間は問題なく避妊効果があります。ただし、21日間決められた錠剤をしっかりと服用してきた場合に限ります。長時間に渡って避妊薬を飲み忘れてしまうと、避妊効果がなくなってしまうケースがあるため、毎日決められた時間に服用できるようにタイミングを決めたり、携帯のアラームを使うなどの工夫が必要です。
◆手軽に安く買えるのが嬉しいポイント
ピルの通販|いつでもどこでも
◆万が一のために避妊薬の準備はしておきましょう
ノルレボ