避妊薬による体重増加とダイエット

女性の避妊薬であるピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれており、服用することによって排卵を制御して子宮内膜を変化させることで受精卵の着床を防ぎ、子宮頚管の粘膜を変化させることで精子を子宮に入り難くする効果があります。
避妊薬を正しく飲めばほぼ100%の避妊効果があり、避妊以外にも生理周期を整えたり、月経困難症の軽減、子宮内膜の治療や子宮がんのリスクを低くする、ニキビを改善することができるなどのメリットがあります。
しかし、完全に副作用がないというわけではなく体重が増えてしまうという副作用が多く報告されています。
これは避妊薬に含まれる女性ホルモンの作用によって皮下脂肪がつきやすくなり、食欲を増進させて体に水分を溜め込んでしまうという働きによって体重が増えてしまうのです。
避妊薬を飲みながらもダイエットを行ないたいという場合には、食欲のコントロールをしていく必要があります。
排卵後から生理までが痩せにくい状態となっています。そのため間違ったダイエットを行なってしまっては、影響が大きく出てしまうのです。
ダイエットを行ないたい場合には、正しいダイエットを行なっていく必要があります。
避妊薬を服用しながらの正しいダイエット方法としては、むくみやすくなっているためむくみにくいように水分代謝を促す食事や栄養に気を使うことと、食欲をコントロールすることです。
栄養を補給するためのサプリメントは通常時なら有効ですが、避妊薬との相性が悪い物もあるためサプリメントを利用するときには医師に相談するか飲まない方が無難となります。
体重を減らす基本は、食事と運動です。きちんと基本を守って正しいダイエットを行なっていくことをおすすめします。