避妊薬の知識がない看護師も

低用量の避妊薬は、ほぼ確実に避妊することができます。
しかし、得られる効果はそれだけではなく、様々な利点があります。
女性特有の痛みが軽減されることをはじめ、分泌物の減少や体調不良などを解消してくれます。
近年では、女性であっても男性と同じように働く方が増加しているので、女性特有の悩みで仕事に支障をきたすわけにはいきません。
避妊薬を用いることで、そういった仕事の妨げとなり得る症状も改善することができます。
こうした女性ならではの症状が緩和されるのは、ホルモンバランスの乱れが避妊薬により改善されるためです。
そのため、生理の前にニキビが生じたり、肌荒れが生じるということが無くなります。
このような悩み事が解消されると、行動が自由になるので、旅行に出かけるということも躊躇無く行えます。
一方、避妊薬には、副作用が怖いということをはじめ、太るなどといったマイナスなイメージが持たれていることも事実です。
そのため、避妊薬の使用を敬遠する方が居るのも事実ですし、あまり処方したがらない看護師も居ます。
海外においては、女性の意思によりコントロールできるとして、人気があるので日常的に服用することが珍しくありません。
しかし、日本の女性は小柄である事も相まり、避妊薬に身体が慣れるまではむくみや目眩、吐き気といった症状に悩まされることもあります。
こうした症状により、血栓症が引き起こされることもあるので、避妊薬の服用後に変化が生じてしまった時には、早めに病院で医師の診察を受けるようにすると安心です。
ただし、避妊薬が開発された40年前に比べると、副作用が生じる可能性は、極めて低くなっているので、副作用を訴える方は減少傾向にあります。