経口避妊薬とAリポ酸を併用すると効き目が落ちるの?

経口避妊薬は、セイヨウオトギリソウを含むサプリメントや食品と一緒に飲むと、効き目が低下する可能性があります。その理由は、セイヨウオトギリソウには経口避妊薬の代謝をすすめる作用があるからで、不正出血が見られたり、避妊効果が落ちることがあります。セイヨウオトギリソウは、ダイエット関連のサプリメントや食品によく含まれている成分で、セント・ジョーンズ・ワートと表示されていることがありますので、確認してください。
ダイエット関連のサプリメントには、Aリポ酸でダイエットサポートをするタイプのものがあります。Aリポ酸は、非常に強い抗酸化作用と食事でとったブドウ糖を素早くエネルギーに変える作用があります。元々体内に存在するAリポ酸ですが、年齢とともに減少するので、サプリメントで補いながら運動すると効果的です。
Aリポ酸を経口避妊薬と一緒にとっても、経口避妊薬の効き目に影響はありません。ダイエットサプリを選ぶときには、セント・ジョーンズ・ワートを含むものではなく、Aリポ酸にするとよいでしょう。
医師が処方する薬の中には、経口避妊薬と相互作用のあるものがあります。相互作用とは、それぞれの効き目が強くなったり、弱まったりするもので、知らずに併用すると副作用が強く出たり、避妊効果が落ちることがあるので注意しましょう。
テトラサイクリン系抗生物質やペニシリン系抗生物質は、風邪や感染症の際に処方されることが多いのですが、経口避妊薬と併用すると避妊効果が低下する可能性があります。副腎皮質ホルモンや三環系抗うつ剤は、経口避妊薬と併用すると作用が強まる可能性があります。
医師に薬を処方してもらう際には、経口避妊薬を服用していることを告げて、指導に従ってください。